自発マンド

フリーオペラント法

フリーオペラント法の弱点を補う⑤(コンプライアンスが悪い)

(画像引用:GATAG) フリーオペラント法の弱点を補う方法五つ目は子供のコンプライアンスが悪いことを解消する方法です。 前述の通り、場面的に音声模倣(エコーイック)を使用して発音矯正をしたり自発マンドを求めたりすることでコンプ...
フリーオペラント法

フリーオペラント法の弱点を補う④(発音が明瞭にならない)

フリーオペラント法の弱点を補う方法四つ目は発音が明瞭にならないことを解消する方法です。 発音を明瞭にさせるために音声模倣(エコーイック)はやはり必要です。ですが、過度に修正しては発言を妨げるのは確かです。よって、部分的に発音を修正して...
フリーオペラント法

フリーオペラント法の弱点を補う②(自発マンドが増えないことがある)

フリーオペラント法の弱点を補う方法二つ目は自発マンドが増えないことがあることを解消する方法です。 音声模倣(エコーイック)を強化するだけでなくプロンプトなしの自発マンドが表出されるように、使用されるのは時間遅延法のスキルです。谷先生の...
フリーオペラント法

フリーオペラント法の弱点②(自発マンドが増えないことがある)

フリーオペラント法の弱点二つ目は自発マンドが増えないことがあることです。 フリーオペラント法ではワンサウンドセンテンス法等で自発での発語を強化しておきながら、その後音声模倣(エコーイック)を強化していきます。もちろん、その後も場にあっ...
発音トレーニング

発音を教える順番の理由①(自然強化される発音から)

無発語の場合に発音で最初に教えるのは前述の通り、「い」からです。簡単な発音なため、「あ」から教える人も多いですが私は以下の理由から異なります。 発音を教えても、使い道がなければ消えてしまいます(こちらの記事を参照してください)。よって...
フリーオペラント法

佐久間先生によるDTTの問題点に対する意見

フリーオペラント法を作った佐久間徹先生によるDTTの問題点の指摘に対する私の意見は以下の通りです。 一.発声、発語に食餌性好子を使用しても全ての場面で好子を使用することが難しいため使用しないほうがよいとされているが、自発的な要...
ソーシャルスキル

自発的挨拶を教える①(アイコンタクトをして発語をすることを教える)

(写真引用:GATAG) 自発的挨拶の最初のステップは自発的にアイコンタクトをして発語をすることを教えることです。 あくまで、自分から指示されなくても他者に挨拶することを目指します。この段階をクリアするには要求場面で自発...
好子なしのDTT

好子なしのDTTで事前に修得させておくスキル②(言語による自発マンド)

好子なしのDTTで事前に修得させておくスキルの二つ目は言語による自発マンドです。 アイコンタクトと同様に他者に言葉で話しかけることを教えなければ指示に従っているかどうかわかりません。無意味発語でも叫び声等の奇声以外で他者に音声...
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点まとめ

自発マンド、DTT、PRTの欠点は以下の通りです。 ①好子を利用する ②行動の般化が子供次第 ③コンプライアンストレーニングが実施しにくい ④コミュニケーション以外の能力が育成しにくい ⑤子供の調子に左右される
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点④(コミュニケーション以外の能力が育成しにくい)

自発マンド、DTT、PRTのトレーニングの欠点4つめはコミュニケーション以外の能力が育成しにくいことです。 このように言語によるコミュニケーションが指導の中心となってしまうため、手先の課題、概念学習といったスキルを身に...
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点⑤(子供の調子に左右される)

自発マンド、DTT、PRTの欠点の5つ目はセラピーが子供の調子に左右されることです。体調不良等の場合は仕方がありませんが、子供が不機嫌な時はセラピーが全くできずに終わることがあります。 例えば、セラピストが来ているにも...
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点③(コンプライアンストレーニングが実施しにくい)

自発マンド、DTT、PRTでの問題点の3つ目はコンプライアンストレーニングが実施しづらいことです。 このようにすべての課題で子供主導になることが多く、コンプライアンストレーニングの実施が難しいです。
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点②(自己刺激行動をコントロールできない)

自発マンド、DTT、PRTでは自己刺激行動を制御することを子供に教えません。 自己刺激行動がコントロールできないと起こる問題は以下の通りです。 このように学習に困難が発生するほか、集団場面で他者に迷惑をかけることがありま...
DTTの言語トレーニング

好子を利用する欠点まとめ

好子を利用する欠点は以下の通りです。 行動の習得が好子の効果に左右される 行動の般化が子供次第
DTTの言語トレーニング

好子を利用する欠点②(行動の般化が子供次第)

好子を利用する欠点2つ目は習得した行動のセラピー以外での日常生活場面での般化が必ずしも約束されないことです。自発マンド、DTT、PRTは基本、物の好子を利用して行動形成していきます。 これは行動が強化されやすくなり(好子による強化)、...