鉛筆の練習

鉛筆の選び方

(出典:パブリックドメインQ) 鉛筆は何を使用して教えたらよいでしょうか。これは年齢によって異なります。 年長児以下→就学までに時間がまだあり、手も小さいので公文の三角鉛筆を使用します。 年長以上→就学まで時間がな...
その他

『天才かもしれない人が組織になじめないワケ』(記事)

(出典:PhotoAC) 少し前の東洋経済の記事です。 一般的に、発達障害と呼ばれる「特質」を備えた人が社会に出ると、さらに巨大な壁が目の前に立ちはだかります。当然のように収入を得るためには職場の決まり事に従い働く必要がありますが、...
鉛筆の練習

自閉症児に対する鉛筆の指導の進め方

(出典:PhotoAC) 鉛筆の指導ステップは以下の通りです。 横線を書く 縦線を書く 決められた範囲で横線を書く なぞり書きをする 線をまねして書く カタカナをまねして書く ひらがなをまねし...
スプーン/フォーク、箸の使い方

鉛筆の持ち方を教える前に

(出典:PhotoAC) 鉛筆の使い方を教える前に2つのチェック項目があります。 年中以上であること 行動はいったん教えても日常的に使わなければ忘れてしまいます。よって、小学校の勉強を継続して実施する年長以上でなければしな...
その他

『東京都の「独自ルール」運用に大問題が判明!療育・児童発達支援施設の入所基準見直しを』(記事)

(出典:PhotoAC) BLOGOSの記事にこんなブログが取り上げられていました。 自らも医療的ケア児の子どもを持つ保護者の方が、住み慣れた地域に児童発達支援施設を立ち上げるべく奔走。 物件を探し、行政と折衝し、ようやく開設...
その他

『まず片足の靴を脱いで後部座席におく。幼い子どもを車内に置き去りにしない方法』(記事)

(出典:PhotoAC) lifehackerの記事が面白かったです。 高温の車内に幼い子どもをうっかり置き去りにしてしまう。 こうした悲惨な間違いは、実は誰にでも起こり得ます。 ユニークな防止策が書かれていました。 子ど...
その他

子供が大声で泣くのに理由はない?

(出典:PhotoAC) 子供に対してABAセラピーを行っているご家庭では癇癪を消すためのあらゆる努力を行っています。にも関わらず、なかなか癇癪が消えない場合があります。こういったケースでは 癇癪に対して一つも好子による強化...
その他

『発達障害者向けの自動車教習…ミニカー使った技能教習、学科は個別指導』(記事)

(出典:PhotoAC) yomiDrの記事です。 発達障害がある人たちの運転免許の取得を支援するため、栃木県鹿沼市の自動車教習所が開発した教育プログラム「つばさプラン」が成果を上げている。  福祉の専門家が相談に乗り、学科の...
その他

『ヒューマノイドロボット「NAO」が自閉症の療育を支援 日本サード・パーティの「Ask NAO」』(記事)

(出典:JTP) ロボスタの記事です。 日本サード・パーティ株式会社は、ソフトバンクロボティクス株式会社のヒューマノイドロボット「NAO」に搭載した自閉症療育プログラム「Ask NAO」の取り扱いを開始することを、8月21日に発表し...
その他

『精神病50年以上入院1773人』(記事)

(出典:PhotoAC) 毎日新聞の記事です。  精神病床のある全国の病院で50年以上入院する精神疾患の患者数が、2017年6月末時点で少なくとも1773人に達することが毎日新聞の調査で判明した。半世紀にわたり継続入院している患者数...
スプーン/フォーク、箸の使い方

トレーニングにエジソンの箸は使うべきか

(出典:Amazon) エジソンの箸はトレーニングに使えるのでしょうかという相談を時折されます。 結論からいうとできません。理由は以下の画像を見るとわかります。 (出典:Amazon) このようにエジソン箸は上部の連...
お知らせ

8月スタートの発達障害児に対するABAのペアレントトレーニング募集

(出典:PhotoAC) 8月後半から始まる自閉症スペクトラム障害等の発達障害児に対するABAに基づくペアレントトレーニングの参加者を募集しております。週1回土日にオンラインで実施し、1回約2時間の全8回です。参加家族は3~家族ですの...
その他

療育の専門家で信頼できる人を探すための質問

(出典:PhotoAC) 度々同じような記事を書いていますが、再度書きます。療育関連の専門家で信頼できる人を探すためにはどんな質問をしたらよいかです。 何が専門ですか(どこの学会に参加されて、何の理論を使用していますか) ...
お知らせ

7月28日クラスセラピー報告

7月28日㈰にスクールセラピー、クラスセラピー、TWを行いました。 スクールセラピー 静かに課題をすることは皆出来ていましたが、課題に集中して取り組むこと、集団での一斉指示を聞くことに困難がありました。 クラスセラ...
その他

『重症心身障害児が普通学級で学ぶのは本当に困難なのか』(記事)

(出典:PhotoAC) ダイヤモンドオンラインの記事です。以前取り上げた普通小学校への通学を希望したケースもあがっていました。  大阪府箕面市在住の巽康裕(たつみ・こうすけ)さん(13歳)は、生まれつき「ダンディーウォーカー症候群」に...