平成28年調査から発達障害児者の就職状況

(出典:かわいいフリー素材集いらすとや

再び、厚生労働省による生活のしづらさに関する調査からです。就職状況が調査されていました。

この調査のわかりづらいところは、65歳未満と65歳以上のみの分類となっているところです。年齢によって就職が就学かが分かれるので、実際の就職状況がどれくらいであるのかが調べづらくなっています。例えば、「家庭内で過ごしている」という項目は、未就園児であるか、成人期以降であるかで全く意味が異なる結果になると思います。この調査はうーん何を調べたいのかよくわかりませんね。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください