時間排泄から自発排泄への移行方法②(おむつからパンツへ)

トイレトレーニング
自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育
自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育

言葉の遅れ、癇癪行動にお困りならご連絡ください。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
提携教育機関
提携教育機関

時間排泄の2つ目の手順はおむつからパンツへ変更することです。

時間排泄の時間が固定できたら、漏らすことがなくなります。よって、おむつからパンツへ変更ができます。

トレーニングパンツは使う必要がありません。

おむつからいきなりパンツへ移行することが怖い場合は、こんなことができます。

おむつからパンツに変更する

このように、おむつの中にパンツをはくことで、パンツの練習ができます。この方法のメリットは、おもらしをしたらパンツが濡れて不快感を与えられること、おもらしをしてもおむつが吸収するのでパンツ以外は着替える必要がないことです。

パンツをおむつの中にはく効果

子供によっては濡れたパンツに不快感を感じず、嫌子による弱化が機能しない場合もありますが試す価値はあります。

Share Button

コメント