望ましい行動をより適切な行動に変える(分化強化)

ある行動ができるようになっても大抵は指導はそれで終わりません。
より適切な行動であったり、柔軟性のある行動に変更していく必要があります。

例として、「ちょうだい」として物を要求する例を挙げます。
ちょうだいの分化強化

このようにある程度できるようになった行動は好子による強化をせず、よい行動を選んで好子による強化をしていきます。これを分化強化ぶんかきょうか)(differential reinforcementと言います。

分化強化をすることにより、適切な行動を強めていくことができます。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください