PRTの短所②(方法が難しい)

PRTは方法が曖昧なだけでなく、とても難しいです。

例えば、DTTであれば、不自然な好子をたくさん使うので注目を得ることは難しくありません。ですが、PRTでは基本ありきたりな遊びの中で行動を教えるため、指導者が子供を遊びに引き付ける技術が必要になります。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください