PRTは方法が曖昧なだけでなく、とても難しいです。

例えば、DTTであれば、不自然な好子をたくさん使うので注目を得ることは難しくありません。ですが、PRTでは基本ありきたりな遊びの中で行動を教えるため、指導者が子供を遊びに引き付ける技術が必要になります。

Share Button