PRTの短所は方法がとても曖昧なことです。PRTの解説本は出ているものの、説明が曖昧なためそれだけでPRTの方法を理解することは難しいです。

現に、私もおおよその方法は理解しているつもりですが明確にわからないことはABAの原理に反するものでなければよいと思って実施しています。日本人はルールが明確な方が実施しやすい傾向があると思います。その上、課題をどの順番でやればよいかが明確にされていません。その点、DTTタイムラインがあり、実施方法が明確なため日本人好みです。

Share Button