(出典:PhotoAC

私は、現在2人の男児を育てています。下の子はまだ乳児です。子育てをしている時にとてもよく感じることは、「言葉の発達に親はあまり関与していないことがある」ということです。上の子は1歳から保育園を利用していますが、アンパンマンの歌、他の子供の口癖、先生のまねをいっぱい覚えています。もちろん、親の口癖も真似していますがそれ以上に家以外での言葉の学習が多くなっています。

私としては「ほっといてもこんなに伸びるのか」という感心する気持ちと、「親が言葉を伸ばしている訳ではない」という残念な気持ちがあります。もちろん、保育園を利用せずに家庭保育をしていても言葉は伸びていたと思いますが。

言葉の遅れで医師や心理士に相談するとたいてい「もっと話しかけてあげてください」や「いろいろな遊びをさせてあげてください」といった親の関わりを強調されます。ですが、定型発達児において親のかかわりによって伸びている言語スキルはほんの一部です。ですから、お子様の言葉の遅れを自分のせいだと思わないでください。丁寧に教えないと言葉の学習ができないだけです。

Share Button