ESDM」カテゴリーアーカイブ

ESDMのチェックリストの分野②(表出言語領域レベル1)

lgi01a201408112200

ESDMのチェックリスト分野1つ目は表出言語領域(Expressive Communication)です。

レベル1は以下の通りです。

  1. 目的をもって欲しい物に対して手を伸ばす
  2. 目的をもって声を出す(要求時に発語をする)
  3. 大人に物を渡すことによって助けを求める
  4. 相手と交互に声を出す
  5. 他者が差し出した物に対して押し返すことで拒否する
  6. 欲しい物を指さすことにより要求する
  7. 大人が欲しい物を持っていたり、子供が取ることを邪魔した場合、大人とアイコンタクトする
  8. 2つの物の中から欲しいものを指さす
  9. 物を凝視しながら声を出して要求する
  10. 離れたところから欲しい物を指さしして要求する
  11. 離れたところから2つの物の中から欲しいものを指さす
  12. (子音+母音)+(子音+母音)の反復する音の喃語を話す(意味のある言葉に似ていなくてもよい)
  13. 自発的発語により5音以上の子音を話す
  14. (子音+母音)+(子音+母音)の異なる組み合わせの喃語を連続して話す(多様な喃語と呼ばれる→variegated babbling)

14の例はYouTubeにありました。

Share Button

ESDMのチェックリストの分野①(受容言語領域まとめ)

ESDM受容言語領域じゅようげんごりょういき)(Receptive Communication)の全てのレベルは以下の通りです。

  1. レベル1
  2. レベル2
  3. レベル3
  4. レベル4

以上です。

 

 

Share Button

ESDMのチェックリストの分野①(受容言語領域レベル4)

  1. 記述による様々な位置関係の概念を理解している
  2. 10〜15の物を2〜3の手がかりで持ってくることができる(例えば、大きさ、量、色、物の名前等)
  3. 性別による代名詞の違いを理解している(俺、僕、私等)
  4. 大きい、短い、小さい、最も多い、最も少ない、少し、多いなどの比較概念を理解している
  5. 空間と物に関する前置詞について理解している(前、後ろ等)
  6. 否定形の文章を理解している(例えば、ボールの入っていない箱、座っていない男の子等)
  7. 所有や分類の概念がわかる
  8. 短い話に興味を持ち、Whの簡単な質問に答えることで(What/何が、Who/誰が)部分的な理解を示す。
  9. 自分のことに対する質問に対して「はい/いいえ」で答える
  10. 体の状態に関する質問に答える(例えば、だるい、痛い等)
  11. 自分のことについての質問に答える(名前、年齢等)
  12. 「同じ」「違う」について理解している
  13. 量の概念を理解している
  14. 物の特徴について理解している
  15. 物や絵についての分類訳の質問に答える
  16. 過去と未来の文章について理解している
  17. 受動態について理解している
  18. 時間の流れについて理解している(過去、未来等)
  19. 3段階の関連性のない言語指示に従うことができる

以上です。

Share Button

ESDMのチェックリストの分野①(受容言語領域レベル3)

  1. 大人が子供の良く知っている本を簡単なことばで読んでいる時に興味を持って参加する
  2. すでに知っている対象物や行動を含む新規の一段階の指示に従う
  3. 一般的な対象物とその絵を理解する(衣服、食事に関する物、衛生に関わる物ーおそらく歯ブラシなど、遊び、食品)
  4. 好みに関するイエス/ノーの質問に適切に答える
  5. 絵や本の中での5個以上の行動を理解する
  6. 日常生活動作の中で2個以上の指示に従う(例、就寝時間に本を持ってベッドに入る、歯を磨く時に歯ブラシと歯磨き粉を持ってくる等)
  7. 対象物をふくんだ空間の概念を理解する(間、隣等)
  8. 小さい/大きいといった初期の大きさの概念を区別する
  9. 要求に応じて少なくとも4つ以上の色を区別する
  10. 擬音により、20以上の物を理解する(例、メーメーと鳴くのは何?等)
  11. 乗る、切る、食べる、寝る、足を載せる、飲むと言った一般的な行動の機能を理解する
  12. 僕の、君のといった代名詞を理解する
  13. 写真、選択肢、他者の行動から10の行動を認識する(Identifies 10 action via pictures, choice, acting out) 明確な訳がわかりません。
  14. 新規場面で2個以上の関連性のない指示に従う

以上です。

Share Button

ESDMのチェックリストの分野①(受容言語領域レベル2)

  1. 「止まって」「待って」という指示に対してジェスチャー等のプロンプトを使用せずに従う
  2. 8~10の運動動作や物に対する動作を含む指示に従う
  3. 自分や他者の体の部位を見せたり指差したりすることで認識している
  4. 遊びや、着替え、食事等の活動において8~10個の対象に対して「ちょうだい」「指して」「見せて」といった音声時に従うことができる(例、赤ちゃん、椅子、車、積み木、カップ、クマ等)
  5. 本の中の3つの絵に対して指差ししたり注目したりする(カップ、車、犬、猫、赤ちゃんを含む)
  6. 初歩の空間概念を理解する(中にある、のっている等)
  7. 人の名前をよばれたらその人の顔、もしくはその人が写った写真を見る(家族、ペット、先生)
  8. 部屋の中で他者に要求された目の前に置かれていない8~10個の物を探索行動により持ってくる
  9. 一つの対象に対して言語とジェスチャーによる指示に従って1つの対象に対して2つの行動をする
  10. 要求された写真の中の体の部位を指す

以上です。

Share Button

ESDMのチェックリストの分野①(受容言語領域レベル1)

ESDMのチェックリストの分野1つ目は受容的言語領域(receptive communication)です。

レベル1は以下の通りです。

  1. 音の発生源に体を向けて聞こうとする
  2. 他人の遊んでいる時の声に注目する(口笛なども含む)
  3. 他人に呼ばれると振り向く
  4. 大人が絵本の中で指さす絵を見る
  5. 置いてあるコンテナの中の物やパズルのピースに注目する
  6. 名前を呼ばれて「これ見て」と何かを差し出されたら見る
  7. 名前を呼んだ相手のことを見る
  8. 物や場所の中心を見る
  9. 得るために遠くにあるおもちゃを見る
  10. 遊びの中での大人の声や表情に対して見る、近づく、笑うといった反応を見せる
  11. 大人が歌う歌の中での声や表情に対してみる、近づく、笑うといった反応を見せる
  12. 「だめ」「止まりなさい」と言われるとその言葉に反応して即座に止まる
  13. 大人が手をさしのばして言葉により要求したものを渡す
  14. 「座って」「こっち来て」「片づけて」といった指示に従って一連の動作をこなす
  15. ジェスチャー等のプロンプトを使わずに言語指示だけで「座って」「こっち来て」「片づけて」といった指示に従って一連の動作をこなす

以上です。

Share Button

ESDMのチェックリストについて

ESDMは15の分野を4つのレベルに分けたチェックリストがあります。

このチェックリストを元に現在の状況を判断して支援案を考えます。これからそれぞれの分野をまとめて訳した物を説明していきます。

Share Button

ESDMとPRT

ESDMは以下の点でPRTのテクニックを使用しているとされています。

  1. 試み強化をすること
  2. 新規課題と習得済み課題を混ぜること

これらでPRTの技法が用いられています。

Share Button

ESDMとABA

ESDMで使用するABAのテクニックは以下の通りとされています。

  1. 注意の獲得
  2. ABC分析
  3. プロンプト
  4. 結果の調整→好子嫌子の利用
  5. プロンプトフェイディング
  6. シェイピング
  7. チェイニング

これらの技法をESDMの中では使用していきます。

Share Button

ESDMの6つの特徴

ESDMの特徴は以下の6つとされています。

  1. 多職種の協力
    全ての分野の発達カリキュラムに対して多職種が協力して実施する。
  2. 対人関係の重視
  3. 言語の発達
    流暢性、相互的、継続的な相手の身振り、顔の動き及び表情、物の使い方の模倣をする
  4. 言語と非言語コミュニケーション両方の発達を重視
  5. 二人一組での遊びでおきる状態への認知を重視
  6. 両親との協力
Share Button

ESDMについて

Early Start Denver Model :ESDMは日本語に訳すと早期支援デンバー法と言われます。ABAの理論を使用した支援方法で12か月以降の子供に使用できる早期の療育システムが特徴です。

日本ではまだ有名ではありませんが、佐賀などでは公的機関で実施されているようです。本や資料などから今後ESDMの特徴および使用方法をわかる範囲で解説していきます。

よろしくお願いします。

Share Button