PRTの言語トレーニング

DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点まとめ

自発マンド、DTT、PRTの欠点は以下の通りです。 ①好子を利用する ②行動の般化が子供次第 ③コンプライアンストレーニングが実施しにくい ④コミュニケーション以外の能力が育成しにくい ⑤子供の調子に左右される
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点④(コミュニケーション以外の能力が育成しにくい)

自発マンド、DTT、PRTのトレーニングの欠点4つめはコミュニケーション以外の能力が育成しにくいことです。 このように言語によるコミュニケーションが指導の中心となってしまうため、手先の課題、概念学習といったスキルを身に...
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点⑤(子供の調子に左右される)

自発マンド、DTT、PRTの欠点の5つ目はセラピーが子供の調子に左右されることです。体調不良等の場合は仕方がありませんが、子供が不機嫌な時はセラピーが全くできずに終わることがあります。 例えば、セラピストが来ているにも...
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点③(コンプライアンストレーニングが実施しにくい)

自発マンド、DTT、PRTでの問題点の3つ目はコンプライアンストレーニングが実施しづらいことです。 このようにすべての課題で子供主導になることが多く、コンプライアンストレーニングの実施が難しいです。
DTTの言語トレーニング

自発マンド、DTT、PRTの欠点②(自己刺激行動をコントロールできない)

自発マンド、DTT、PRTでは自己刺激行動を制御することを子供に教えません。 自己刺激行動がコントロールできないと起こる問題は以下の通りです。 このように学習に困難が発生するほか、集団場面で他者に迷惑をかけることがありま...
DTTの言語トレーニング

好子を利用する欠点まとめ

好子を利用する欠点は以下の通りです。 行動の習得が好子の効果に左右される 行動の般化が子供次第
DTTの言語トレーニング

好子を利用する欠点②(行動の般化が子供次第)

好子を利用する欠点2つ目は習得した行動のセラピー以外での日常生活場面での般化が必ずしも約束されないことです。自発マンド、DTT、PRTは基本、物の好子を利用して行動形成していきます。 これは行動が強化されやすくなり(好子による強化)、...
DTTの言語トレーニング

好子を利用する欠点①(行動の習得が好子の効果に左右される)

好子を利用する欠点の一つ目は行動の習得が好子の効果に左右されることです強力な好子があるかどうかは子供次第です。 強力な好子があればよいですが、ない場合はセラピーの効果が著しく落ちます。また、例え強力な好子があってもお菓子やゲー...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングまとめ

PRTの言語トレーニングの注意点は以下の通りです。 ①お菓子を使わずに好子による強化をする ②飽きない好子を増やす作業をする ③まずは子供と遊ぶ ④子供の遊びに参加する ⑤楽しい遊びと新しい遊びを組み合わせる ⑥嫌いではない...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉗(新しい遊びを教える場面では課題をしない)

ペアリングを使って新しい遊びを教えることと音声模倣や動作模倣を同時に実施するととても難しくなります。無理せず、分けて教えましょう。 つまり 新しい遊びを教える時はペアリングを使用して好きな遊びと一緒に教える→新しい遊びを好きに...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉖(様々な種類の遊びを教える)

体を使った遊びだけでは大人が疲れてしまいます。逆に手先を使った遊びだけでは公園等では遊べません。どちらもできるように遊びを教えていきましょう。 体を使った遊びは ・高い高い ・追いかけっこ ・滑り台 ・ブランコ 等です。 ...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉕(曖昧な指示を出す)

PRTの中で貸し借りといったことができるようになったら発展させましょう。例えば、 子:(おままごとで料理をしている) 大:何か甘い物が食べたいなぁ 子:うーん(迷う) 大:イチゴがのってるやつがいいなぁ 子:どうぞ(ショートケ...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉔(名前に対する反応を向上させる)

自己刺激行動等の一人遊びが始まってしまった場合は、大人の遊びへの参加が難しくなることがあります。そのような場合、無理して遊びに誘うのではなく、子供の名前を背後から呼び、反応できたらお菓子やボディータッチ等で好子による強化を行いましょう。
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉓(拒否のマンドを教える)

自発マンドや自発的な挨拶ができる子供に限られますが、拒否のマンドもPRTの遊びの中で教えていきます。 方法は簡単で遊んでいる最中に子供の使っているおもちゃを取り上げたり、手を掴んだりしてしまいます。子供が何か自発で音声が言えたら音声模...
PRTの言語トレーニング

PRTの言語トレーニングの注意点㉒(遊びで使用するスキルを教える)

子供が一人遊びに夢中になっているときもPRTのとレーニングは実施できます。例えば、子供の使っているおもちゃを「ちょっと貸して」といって取り上げます。最初はすぐに返します。ちゃんと貸すことができたら笑顔でほめて強化しましょう。この場合は他人に...