言語トレーニング

言語トレーニング

発達障害に対する言語訓練は動作模倣

(出典:GATAG) まだ意味のある発語が全くない子供、もしくは発音が著しく悪い子供の場合、きれいな発音を教えようとしても難しいことが多いです。これはなぜかというと、口の真似が難しいからです(口形模倣) これを踏まえて、最近では...
言語トレーニング

自閉症児に教えてはいけない言葉

(出典:GATAG) 自閉症スペクトラム障害児に対して療育を行う時に、初期には教えるべきではない言葉があります。それはなんでしょうか。 答えは「わかりません」「もう一度言ってください」「手伝って」です。 これらは非...
言語トレーニング

発達障害児に似ている概念を教える手順(ABA療育)

(出典:GAHAG) 「あ」と「お」のひらがなを教えたり、「こんにちは」と「おはよう」といった似ている概念を教えたりする場合、自閉症スペクトラム障害児などの発達に遅れがある子供は混乱してしまうことが多いです。 例えば、こ...
発音トレーニング

ABA療育で自閉症児が平仮名を覚えるために①(発音が明瞭)

(出典:パブリックドメインQ) ABAを使用した自閉症スペクトラム障害児者に対する療育で平仮名を教える場合、必要になる能力の一つ目は発音の明瞭さです。発音が明瞭でなければ、正答しているかどうかが判別できません。 例えば、「あ」と「は...
発音トレーニング

自閉症療育の言語訓練動画ー文模倣(ABA療育)

(出典:GATAG) 自閉症スペクトラム障害児に対する言語訓練・音声模倣で最も難易度が高いのは文の模倣です。文は長くできるので課題の難易度は調整できます。 これぐらいのレベルになるとイントネーションには奇妙さが残るものの、有...
ひらがな

ABAの自閉症療育、ひらがなの教え方

(出典:かわいいイラスト(無料イラスト)フリー素材) ABAを使用した発達障害の療育でひらがなを教える方法はコツが必要です。これから説明していきます。
発音トレーニング

自閉症スペクトラム障害児の言語訓練動画(二音模倣)

自閉症スペクトラム障害児に対する言語訓練、二音模倣をアップしました。 「いあ」=「や」、「うあ」=「わ」等、二音合成も行っているのが確認できます。
言語トレーニング

言語訓練のキモ、声が小さいことは万病のもと

(出典:GATAG) 自閉症スペクトラム障害等の発達障害児、まだ意味発語がない子供にとってのABAによる言語訓練で一番重要なことは大声を出すことです。意味発語がない子供の場合、喃語や叫び声を使用して要求することが多いです。これだといつ...
発音トレーニング

向かい合っての音声模倣の改善方法

(出典:GATAG) 向かい合っての音声模倣は問題があると説明しました。これから、問題を解決するためにはどうすればいいかを説明していきます。
発音トレーニング

向かいあっての音声模倣問題点②目を合わせないとできない

(出典:photoAC) 向かい合っての音声模倣指導の問題点2つ目は目を合わさないとできない可能性があることです。例えば、上の写真のように同じ方向を見て音声模倣をさせようとするとできなくなってしまうことがあります。これは、目を合わせる...
発音トレーニング

向かいあっての音声模倣問題点①プロンプト依存

(出典:photoAC) 向かい合って音声模倣訓練をすると口形模倣や音声の模倣が容易になります。ただ、向かい合って指導しているからこそ、指導者の口が発音の時に毎回提示されるため、プロンプト依存になってしまうことがあります。これは逆に言...
言語トレーニング

向かい合っての音声模倣の問題点

(出典:GATAG) 音声模倣を実施する時に指導者と向かい合って行うと口の模倣、および聴覚からの情報による音声の模倣により似た音が出せるようになります。ですが、面と向かってのマンツーマンでの音声模倣をさせると思わぬ副作用が生まれる可能...
発音トレーニング

二音連続模倣の指導法①(最初にすべき音声模倣)

(出典:GATAG) 二音模倣させる音声で最初に実施すべき二音は二音合成して違う発音を作る方法です。 特に母音を合成して作る音①や(い+あ)②ゆ(い+う)③よ(い+お)④わ(う+あ)⑤を(う+お)⑥マ行(ん+母音)は比較的指導が...
発音トレーニング

二音連続模倣の指導法

(出典:GATAG) 単音二連続模倣ができるようになったら二音連続模倣を指導します。これから実施方法を説明していきます。
発音トレーニング

単音二連続模倣の指導方法③(単音模倣→単音模倣)

単音二連続模倣の指導方法の三段階目は単音模倣の連続で単音二連続模倣を実施する方法です。 (出典:GATAG) この方法は発音が汚くなりやすいので、発音が不明瞭になったら口形の維持を定期的に使用していくほうがよいです。