光とともに…の解説」カテゴリーアーカイブ

「光とともに」の新装版

(出典:Amazon

光とともにの新装版が発売されます。いまだにこの漫画が求められているのですね。自閉症スペクトラム障害の理解がより進みますように。

Share Button

光とともに…第2巻小学校低学年編第2話

前回、嘘の集合時間を教えられた光の母親・幸子は行方不明の光を探します。車道の真ん中を歩いていた光はたまたま通りかかった萌の祖母によっては助けられ、小学校に連れて行ってもらえます。嘘の時間を教えた絵理の親に対して父・雅人は苦情を伝えました。
一方、光の日常の行動からヒントを得た幸子は身近な物を写真に撮って見せることで光がスケジュールを理解できるようになります。入学した小学校で光は最初泣いていましたが、徐々に泣かずに過ごせるようになっていきます。そんな中、20分休みの終わりに光は好きなフラフープを追って体育倉庫に入ってしまいます。それに気づかず教師は体育倉庫に鍵をかけます。光が倉庫に入っていくことを見ていた絵里は何も言いませんでした。

P54で光は車が行き交う道路を歩いていました。自閉症スペクトラム障害児の中には恐怖心を感じないことがあります。よって高い所に登ったり、コンロの火を触ったりしてしまいます。この場合、違う嫌子を用いないと行動を消すことが難しいです。例えば、歩道から車道に少しでも出てしまったらその場で肩をもってしばらく行動を制止するといった方法です。

P64で雅人と幸子が光にGPSを使うことを検討する話をしています。ココセコム等のGPS機器を使用している場合や、キッズ携帯を持たせている場合が最近は多いようです。肌身離さず常につけていることを目指すのであれば、ブレスレットのようなもののほうがよいと思います。

P70で光は7時50分という中途半端な時間で家を出発しなければならなくて、なおかつ好きなテレビ番組が流れている時間ともあって光が大泣きになると描かれています。幸子は7時50分を指す時計の写真をとって小学校の帽子の写真と一緒に見せると光は泣くことなく学校に行けるようになりました。この方法では泣かなくはなるかもしれませんが、柔軟性がない支援になってしまいます。例えば、登校時間が少しでも変わる日や休みの日にはその都度説明しないと光は泣いてしまいます。ここで問題となるのは好きなテレビ番組を途中で止められると泣くということです。ですからこの問題行動が消えれば切り替えは何時でも問題なく行える可能性が高いです。支援方法としては好きなテレビ番組を見せておいて親が急に停止します。それで子供が泣いてしまう場合は、泣き止んで落ち着くまでビデオを見せません。もしビデオを止めても子供が泣かなければすぐにビデオをまた再生してあげます。これは他行動分化強化を応用した方法ですが、とても有効です。

P77で光と同じクラスの山口という男児が教師に「東京タワーの上は?」と問いかけ教師が「こわいねぇ」と答えており、「高いねぇ」等の違った返答をすると怒るということが説明されています。これはダメです。なぜなら他人を巻き込んだこだわり行動です。怒らなければ他人には害がありませんが、外で他人に同じような行動をして同じ答えが返ってこなかったらどうなるのでしょうか。このような質問は何度も何度も繰り返し人に聞いてしまうことが多いです。ですから、その日一度答えたら後は答えない、返答方法はランダムに変えるといった対応を取ればこだわり行動がなくせます。

P79で担任の教師が自由遊びの時間が終わって切り替えられずに泣いている光を毅然とした態度で教室に戻しています。これは非常に大切な対応です。泣いているからといって「あと少しだけ」「もう少ししたら戻るよ」といった対応を取っていれば癇癪行動が有形物獲得行動の機能を持ってしまいますので、教室に戻すことで消去することができます。

P80で担任の教師が教室の棚に全てカーテンをかけており、理由を「(子供が)気が散らないようにしている」と説明しています。この対応は問題があります。TEACCHで使われるパーテーションも同様なのですが、最初から環境調整(構造化)をし過ぎているのです。カーテンは子供の気が散ってしまった時のみ閉めればよいです。それ以前からカーテンをしているとそのような環境でしか子供は集中して学習できなくなってしまう可能性があります。

P82で光が段々と学校で泣かなくなってきたことが描写されています。これは光の苦手なスケジュール変更、大きな音等の嫌子を避けさせないことで段々と慣れてきたのです。このように泣くほど苦手だから避けさせるのではなく、泣くほど苦手だから逆に慣れさせてあげようと考えることが重要です。大きな音などを避けさせ続けると最終的にはイヤーマフ等の道具を使うことになります。

Share Button

光とともに…第2巻小学校低学年編第1話

小学校入学を控えた光ですが、光の母親・幸子は妊娠していることから学童保育の利用を考えます。ですが、障害があることから断れてしまいます。
小学校の入学式で光は担任の青木と参加しますが、会場にいた赤ちゃんが泣くことにより、パニックになってしまいます。そんな光に対して入学式に参加していた片倉(幸子の近所に住む母親で幸子のことを妬み、いじめていた)は光を自閉症だと周りの保護者に言い、行動に対して文句を言います。
入学式後、交流学級として1年3組の教室に参加する光と青木。青木は光の障害について説明し、配慮ある対応をとってもらえるように保護者に対して話しかけました。
学校で登園についてのプリントを紛失した幸子は、登校前日に同じ登校班である片倉に電話して集合時間を教わりますが、片倉は嘘の集合時間を伝えます。当日、集合場所で待っていた幸子は立ちくらみを起こし、その間に光は姿を消します。

P5で保育士に「おはよう光くん」と挨拶された光は「お・は・よ・う ひかるくん」と答えています。挨拶ではなく、単なる即時性エコラリアになってしまっています。自発的挨拶を教える必要があります。

P21で幸子は靴の左右を覚えられない光に対して足を指し示して教えるという方法を取っています。否定的な言い方を肯定的に、と説明されていますが、この方法ではプロンプトが出続けているため、光が靴の左右を覚えることはありません。靴の履き方を間違えたら靴の左右をその場で、教えもう一度自分で履かせることをします。もちろん、左右がわからないように靴は揃えず、向きも変えて実施させてよいです。この方法だと、靴の左右に正解しなければ、外に出ることができません。最初は泣くかもしれませんが、必ず自分で靴の左右の違いを覚えます。外出することがごほうび(好子)になっているのであれば、全く気にする必要はありません。

光は入学式で泣き叫んでしまいますが、これは仕方のないことです。なぜなら、入学式は今まで経験したことがないことだからです。行事が苦手というのは自閉症スペクトラム障害児によく聞かれますが、これは正確ではありません。正しくは、慣れていないことは苦手ということです。よって、入学式と同じようなことを映像で見せる、リハーサルを家で行うといったことでパニックは減らせます。嫌がるので行事には参加させない、事前準備をせず行事に参加させるというのは両方とも間違った対応です。正解は、苦手だから前もって練習する、難しい場合は途中一旦抜けるなどの配慮をしてもらうことだと思います。

以上が療育的立場からの意見です。

Share Button

光とともに…第1巻保育園編第3話

今日は光とともに…第1巻保育園第3話です。光の母親、幸子は光の就学にあたって教育センターの相談員と相談します。近くの小学校にある障害児学級(特別支援学級)に進学希望でしたが、就学時検診で養護(特別支援学校)判定の診断が出ます。幸子が妊娠したこともあり、最終的には希望する近所の特別支援学級に入学することが決まり、卒園式を終えた所で話は終わります。

P217で光が保育園で「おはようございます」と挨拶ができるようになったと描写されています。ですが、場面から考えると相手が「おはようございます」と言っていることを単にオウム返し(即時性エコラリア)しているだけでしょう。自発的な挨拶を形成する必要があります。それは、こちらが何も声をかけなくても「おはようございます」と言えるようにすることです。最初は音声プロンプトを使って教え、それからは間接言語プロンプトにより行動がだせるようにします。

P218で保育士は水遊びを続けたいため、泣いている光を相手にしていません。消去の対応を取っています。ですが、まずは、泣かずに切り替えられた時にきちんとほめて強化する必要があります(他行動分化強化)。

P220で光は決められた場所に逃げ込み、保育士は声かけをし落ち着いた光は外で水遊びをすることができました。とてもよい対応だと思います。泣いたりパニックになったりすることを防ごうとするのではなく、立ち直れるように待つことでこだわりやパニックは減ります。

P221で耳を触られることを嫌がる光に対して心理指導の大沢は『無理にやらないほうがよい』とアドバイスを送っています。これは明らかに間違いです。例えば、急に中耳炎になってしまった場合、耳鼻科で耳を触ることができなければ治療ができません。苦手なことはスモールステップを使って段階的に我慢できるようにしていかなけばなりません(エクスポージャー)。

P232で太陽や光が昼寝の時間、他の子どもとは違う部屋で過ごしていると説明があります。二人とも遊びができるようになっていると書かれているので、明らかに好子による強化が起こっています。皆と静かに過ごさせたいのであれば、まずは、別室で寝られるようにする。その後、他の子どもの部屋の環境に段階的に近づけていく必要があります。

P245で希望する特別支援学級がある小学校の校長に幸子は今までの保育園の子と離れたくないこと、将来的に光が地域の中で障害を持たない人とも関わりながら暮らせるようになってほしいことを伝えます。家の近くの小学校に通うというメリットはまさにここにあると思います。近所の子どもと顔なじみになり、地域の中で理解されることが期待できます。また、近所の母親同志のネットワークもできるため、母親の育児ストレスも溜まりにくいです。

以上が療育的視点から見た感想です。

Share Button

光とともに…第1巻誕生・幼児編第2話

今日は光とともに…誕生・幼児編第2話です。
第1話で行った福祉センターを母・幸子と光が一年ぶりに訪れる所から始まります。結局母子クラスに通園することになりますが、父・雅人とすれ違い、幸子が光を連れて実家に戻る所で終わります。

P55で幸子が涙ぐみながら話を聞いてくれる福祉センターの保育士・新井に感動しています。ですが、相手の話を聞いてもらい泣きするというのは支援者としては失格だと思います。支援者というのは相手に共感しつつも、冷静な視点が求められます。もらい泣きというのは相手の感情に巻き込まれているので冷静な判断ができなくなります。

P56で幸子の傘を母子クラスに通園していて、傘にこだわりがある小山田太陽(ひろあき)が取りに来ます。すぐに母親が傘を太陽から取り上げて幸子に返しますが、太陽は泣いてしまいました。対応としては間違っていません。こだわりとは他人や日常生活に支障をきたさない範囲ではよいですが、太陽のように他人の物にこだわる場合は泣こうが、わめこうがすぐに消さなければなりません。ここに一工夫を加えるとすると、他人の傘が目についても取りにいかなければほめて、ほめてあげればよいでしょう(他行動分化強化)。もしくは「貸して」と言えた時に貸すことを教える(もちろん、傘を貸さない場合もあります)という代替行動分化強化を使用してもよいかと思います。

P62で臨床心理士が自閉症スペクトラム障害の出現率は『1000人に1.5~2人』と解説しています。DSM-ⅣーTRではアスペルガー症候群PDD-NOSといった軽度の症状も含まれたので88人に1人が広汎性発達障害と診断されていましたDSM-5に診断基準が変わり、おそらくかなり自閉症スペクトラム障害と診断される者の数は減ったと考えられます。

P67で母子通園のプログラムとしておそらくアイコンタクトの練習をしています。物を渡す時に物を大人の目の前まで持ってきてから渡すように指導しています。この方法だと確かに目はあいますが、物を大人の目の前に持ってこなければいつまでたっても目が合いません。こちらのトレーニング方法のほうがより実践的な自発的アイコンタクトができるようになります。

P67で光がベビーカーにこだわりがあり、幸子がずっと使い続けているということが描かれています。太陽の母親のように泣いてもわめいてもベビーカーを使わなければすぐにこだわりはなくなります。ですが、どうしても大パニックは避けたい場合はスモールステップで卒業していく方法がよいです。例えば、家から療育施設までベビーカーに乗る場合は玄関から少し歩いてからベビーカーに乗せます。そうして乗るまでの距離を少しずつ離していくのです。ベビーカーに乗っていい距離まで歩くまでは泣いても無視をします。そして段々とベビーカーに乗らずに歩く距離を増やしていく方法です。歩いている間は存分にほめてあげる(ただし、お菓子等の物的好子を使用してはいけません)とうまくいきやすいです。

Share Button

光とともに…第1巻誕生・幼児編第1話

今日は、光とともに…の第1巻1話について解説します。

光の異常に母親である幸子が気づき、医者に自閉症(自閉症スペクトラム障害)の疑いがあるということを診断されますが受け止められず、否定をし施設や病院から距離をとるという話です。

P8で抱っこを嫌がる光に幸子が違和感を感じています。確かに抱っこを嫌がる子供は多いです。抱っこが嫌というよりは感覚過敏により触られるのが嫌なことが多いようです。抱っこは大丈夫だけど、手を持たれることは嫌な子供もいます。

感覚過敏に対しての治療法はスモールステップにより慣らしていく方法が一般的です。くわしくはまた後ほど説明します。

抱っこを嫌がりはしないけれど、抱っこされでも「ぐにゃ」となってしまい、人形を抱っこしているような感じを受ける場合もあります。抱っこは実は子供側にもしがみつく等の協力がありますが、それをしない子供もいます。

P18で鈴の音を鳴らしても無反応な光に対して、医者が「耳が聞こえていないのではないか」と疑いをかけます。実際、最初は耳が聞こえていないと疑われる自閉症スペクトラム障害児は多いです。ですが、実際は自分に興味がない音を選択的に無視してます。耳が聞こえているかの簡単なチェック方法は好きなおもちゃの音を聞かせてみせることです。または、好きなお菓子の包みを音を立ててあけることでもいいです。そうすれば、耳が聞こえていれば自閉症スペクトラム障害児でも必ず振り向きます。

名前に対する反応を向上させるには物的好子なしのDTTが必要です。名前を呼ばれたら大人に近づく、手を挙げるという行動が形成できます。

Share Button

光とともに…をABAの視点から解説する

光とともに…(ひかりとともに)は戸部けいこさんによる自閉症児(自閉症スペクトラム障害児)とその家族を描いた漫画です。

残念ながら、戸部さんの急逝により連載が終了してしまいました。

内容は家族の心の動きを中心とし、制度や療育方法に関して記載されており、大変参考になります。療育方法に関して、ABAセラピストとしての意見を述べていきます。

最初のうちの記事は旧ブログから引用し、その後新たに記事を書いていきます。

Share Button