Daisuke Sakamoto

その他

障害児者に対する支援はよくなっていっている

(出典:PhotoAC)  日頃から日本の療育のあり方について散々苦言を呈している私ですが、実は発達障害児者を取り巻く環境はどんどんよくなっています。  最たるものが、放課後デイサービスです。放課後デイサービスは小学校から高等...
ハフィーのセラピー方法

服の後ろ前を理解させる前に

(出典:PhotoAC)  子供が服の後ろ前を理解しないということは多くある悩みだと思います。「よく見なさい」と毎日怒っていませんか?後ろ前を教える前にやるべきことがあります。  それは正しい向きに置けば一人で着替えられること...
その他

4月は新しい環境に慣れる時間

(出典:PhotoAC)  すっかり暖かくなってきましたね(と言いつつも私は家でまだヒーターを使っていますが)。4月は生活環境が変わる人が多いです。特に保育園・幼稚園入園や小学校入学は大きな環境の変化です。  新しい環境に変わ...
その他

目的と手段を取り違えてはいけない

(出典:PhotoAC)  日曜日の初耳学で千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長先生の話が取り上げられていました。本日書籍の紹介がされていました。 目的と手段が一致しないものや、手段が目的化しているものは廃止・見直しをする。そ...
その他

『療育にテクノロジー!人型ロボットによる発達診断アプリ『スマート発達診断』完成、サービス開始!』(記事)

(出典:パブリックドメインQ) 療育用ロボットアプリシリーズ第1弾である「スマート発達診断」は、ソフトバンク株式会社が提供するPepper (法人向けモデル)にインストールすれば無料で使用することができ、病院、福祉施設、商業施設な...
その他

純粋というのは善にも悪にもなる(自閉症)

(出典:パブリックQ)  時折、発達障害の子は純粋、素直といった意見を聞くことがあります。これは、子供らしい、愛らしいというだけではないです。  純粋というのは善悪の区別がまだついていないことがあります。例えば、こんな例があり...
その他

本当にABAを使用しているのか怪しいサービスが多い

(出典:PhotoAC)  ABAを使用しているというサービスの中には使用しているかどうかがかなり怪しいものがあります。例えば、こちら。  怪しいポイントは ABAの中の方法を使用しているかが記載されていない専門家がいる...
その他

配慮を求めるだけでよいのか(普通級への所属について)

(出典:かわいいフリー素材集いらすとや)  「息子は、みんなといるだけで楽しいし落ち着きます。パニックは無理やり何かをさせたり、急に体を触られたり、疲れていたりするときです」 このようなパニックを起こすきっかけや兆候を周囲の人たち...
その他

差別か平等か

(出典:PAKUTASO)  重度の知的障がいがある   さん(16)=  中卒=が今年3月、2度目の沖縄県立高校受験に挑んだが、不合格となった。受験した1次募集の全日制、2次募集の定時制の2校はいずれも定員割れだったが、県教育委...
その他

今日のスッキリ発達障害特集

(出典:GAHAG)  今日のスッキリ、発達障害特集で以前ブログで取り上げたGREEの子会社が出てきました。  スケジュール化、環境の整備といった配慮が挙げられていました。様々な能力を発揮やすいようにする取り組みは素晴らしいと...
その他

入学式

(出典:フリー写真素材集)  今日は多くのところで入学式があったようです。天気も良く、桜もきれいで素晴らしい日になりましたね。小学校入学に際して 希望通りの学校やクラスに入れた子普通級を目指したけれど入れなかった子支援級を目指...
その他

『脳波×VRで自閉症のセラピー補助、明暗分かれる医療VR企業 – 起業家医師から見た医療×VRのいま』(記事)

(出典:PhotoAC) アメリカでは、子どもの59人に1人が自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder/ASD)であると推定されています(およそ全米で350万人相当)。自閉スペクトラム症には様々なセラピー...
言語トレーニング

言語訓練をしなくても(自閉症療育)

(出典:GAHAG)  「無理に言語を伸ばしても仕方がない」「言葉の訓練をすると子供の話す意欲を削ぐ」  これらは、残念ながら療育ではよく聞く言葉です。百歩譲ってこれらの言葉が正しかったとしても、だからといって言葉のトレーニン...
発達障害の診断/基準

発達障害を特別視しすぎないほうがよい

(出典:PAKUTASO)  近年、発達障害に対する解説本は多く出版されています。このこと自体は非常に喜ばしいことです。世間の認知度が高まっていることの証明でもありますから。  ただし、多くの本では発達障害を特別視しすぎている...
その他

『発達障害「早期発見・早期療育は誰のため?」療育神話の真実【子どもの発達障害 現場から伝えたい“本当のこと” 第2回】』(記事)

(出典:freepic) ――前回、親が早期に子どもの特性を知っておくことの重要性を教えてもらいましたが、早期発見は早期療育の効果へとつながるのでしょうか? よく、療育を始めるのは早ければ早いほど良いなどと言われますが…。本田秀夫...