トレーニング方法

要求時のアイコンタクト

アイコンタクトの種類1つ目は他者に要求する時のアイコンタクトです。

「ちょうだい」や「やっていい?」と他者に要求した後にアイコンタクトをし、要求が通るか確認します。これができている者は他者の許可を取ってから行動ができるということがある程度理解できていると推測できます。

発語がまだない者でもこのアイコンタクトはできることが多いです。例えば、無発語の子供が何かの袋を開けてほしい場合、親の所に持ってきて親の目を見て袋を渡すといった行動があります。

Back

お問い合わせ