ブログ

ほめ言葉や笑顔、身体接触に子どもは飽きないのか?

物的好子とセットにすることでほめ言葉や笑顔、身体接触が好子ではない子どもにも好子として機能するようになると説明しました

では、ビデオやお菓子などの物の好子と同じようにほめ言葉や笑顔は使い続けることで好子として機能しなくなる、つまり好子の飽和化が起きないのでしょうか。

結論から言いますと、ずっと与え続ければほめ言葉や笑顔に対して子どもは無反応になります(好子として機能しなくなる)。

「それはほめ方のバリエーションが足りないせいだ」
「心からほめれば絶対子どもは喜ぶ」
と言う方がおられるかもしれませんが、それは間違いです。ご家族のように子どもに対して毎日セラピーする人の場合はどんなにほめ方を練習しようがある工夫をしなければあっという間にほめ言葉や笑顔が好子としての効果を失います。

それを防ぐための方法はこちらに説明してあります

Back

お問い合わせ