UA-49282860-2
応用行動分析学(ABA)を使用したセラピー

MENU

グループABAセラピーの詳細

4979030420_77b090328d_b

グループABAセラピーとは、複数の親子がセラピーに参加しそれを一人のセラピストが指導する方法です。保護者は通常通り自分の子供を指導することや、他の子供を指導することがあります。個人宅でグループABAセラピーを行っているのは日本で私一人だけです

1.実施場所
次の3つです。
グループABAセラピーの実施場所2.参加可能家族
2家族~3家族。

3.なぜ可能なのか
私のセラピー方法が一般的な訪問型ABAセラピーと方法が異なるからです。以下を参照してください。


一般的なABAセラピーと坂本のセラピーの違い

 

このように私のセラピーではセラピストがすべてを指導するのではなく、保護者が実施しているのを観察し教えていくスタイルです。ですから、複数人数になっても問題なく指導ができます。

4.子供の年齢が近くなくてはいけないのか
子供の年齢が近ければ遊び等を同時に教えることが可能ですが、年齢が離れていてもセラピストが同時に指導できるので問題ありません。

5.グループABAセラピーのメリット

グループABAセラピーのメリット


人物般化の促進
特定の行動が家以外でできない場合は親やセラピストのみでしか指示に従えないことが理由であることがあります。他の親に指導してもらうことでより柔軟な行動が育成できます。

②親が互いに学習しあう
他の親のセラピーを見ることでよいことを真似することができます。また、同じレベルの者としてアドバイスしあうことができます。

③ピアトレーニング
年齢や能力が近い子供がペアになる場合は、遊びのスキルが身に付けやすくなります。

④料金が安くなる
複数家族でセラピー料金を割る形式になるので、2家族参加でほぼ半額、3家族参加で30%ぐらいの料金になります。

6.グループABAセラピーのデメリット
グループABAセラピーのデメリット

①個人情報が他者に知られる
名前等が他の家族には知られてしまいます。

②スケジュール変更の困難さ
他の家族とのスケジュールをあわせなければいけないため、マンツーマンのセラピーに比べて急な予定の変更が難しいです。

③移動
クライアント宅、もしくはオフィスで実施しますが住まわれている場所によっては移動に時間がかかってしまいます。

7.グループABAセラピーの方法
私が条件に合うご家族をブログで募集するか、もしくはご家族の方が直接他の方を誘う形があります。

8.グループ集めの方法
2つの方法があります。
①セラピーのお申込みがあった時点で他の方をブログで広報する
②直接他の家族を誘っていただく
③Skypeで他の家族に参加してもらう

9.料金
こちらのページを参照してください。

お申込みは電話、メール等のお問い合わせ先からお願いします。

Share Button

提供サービス

電話連絡先はこちらです。 TEL 029-845-3871 携帯番号&LINE番号は070-3828-8477です。お気軽にご連絡ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

提供サービス

  • メールでお問い合わせはこちら

セラピーの申し込みはこちらからお願いします。

無料発達相談はこちら
定期セラピーはこちら
Skypeによる相談はこちら

  • twitter
PAGETOP
Copyright © the Big Hill(ビッグヒル) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.