(出典:PhotoAC

yomiDrの記事です。

発達障害がある人たちの運転免許の取得を支援するため、栃木県鹿沼市の自動車教習所が開発した教育プログラム「つばさプラン」が成果を上げている。

 福祉の専門家が相談に乗り、学科の個別指導やミニカーを使った技能教習など、一人一人に合った支援を展開。7年間で約170人が免許を取得し、他県にも導入の動きが広がっている。

軽度発達障害の方向けのようですが、すばらしいですね。自動運転が発達するように、段々と障害が重い人でも車が運転できるようになっていったらQOLの向上ができると思います。

 

Share Button