(出典:病院・医療フリーイラスト

Newsweekの記事です。

強力なゲノム編集ツールとして注目されているクリスパー・キャスナイン(CRISPR/CAS9)。この技術を自閉症の治療に使う研究が進んでいる。関連遺伝子を改変して症状を改善する技術が確立されれば、多数の患者を救えると、研究者は期待している。

最終的にはこのようなアプローチになっていくのでしょうね。自閉症スペクトラム障害にかかわらず、性犯罪者の治療やうつ病の治療などにも使用できるようになるのかもしれません。

ですが、まずは自閉症スペクトラム障害の原因、問題部位の特定が先ですね。

Share Button