(出典:PhotoAC

前回の支援学校高等部の卒業者の就職データを見れば、いかに発達障害児が将来就職することが困難であるか(実質20%未満である可能性が高い)がわかると思います。

ABAセラピーは日本では年少児、特に小学校に入るまでの短い間での支援しか考えていないことが多いです。ですが、本当に困るのは将来パラサイトシングルになったりすることです。私は、

  1. 親元から離れて暮らすことが可能になること
  2. 一般的な労働で収入をえること(目標10万円)

を目標に職業訓練を開始することにしました。小学生以上が対象で、様々な労働現場で働けるように練習していきます。最低限の目標としては

「将来ニートになっても家庭内で邪魔にならない存在になる」

ということが挙げられます。ある程度の家事ができ、自分の身の回りのことができるのであれば、例え働けなくても親は同居することが苦痛ではないと思います。まず月1回、つくば市の施設において練習していきます。

参加を希望される方はこちらからご連絡ください。対象者は小学生以上高校三年生までです。

 

Share Button