(出展:かわいいフリー素材集いらすとや

プレジデントオンラインの記事です。

塾講師の私が考える、子供を叱るときの3カ条は次の通りだ。

(1)他人と比べない。
(2)目の前で起こった出来事だけを注意する。
(3)短時間に叱り、なぜ叱られたかを最後に確認する。

私は特に3に同意です。なぜ怒られたかわからない場合は、また同じミスをする可能性が高いです。

ABAを使用した療育方法でも、子供が悪いことをしたらきちんと叱ることが必要です。

ですが、ABAでは全く叱ることを使用しないで教えることが可能なように喧伝していることがあります。そのような場合、好子による強化のみで適切行動を身に付けていくことを狙っていますが、癇癪行動が激しい子供に関しては無力です。すべての子供に当てはまるわけではないので注意が必要です。

 

Share Button