『ロイヤルズ 自閉症の外野手とマイナー契約 独立リーグでは新人王』(記事)

自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育
自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育

言葉の遅れ、癇癪行動にお困りならご連絡ください。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
提携教育機関
提携教育機関

(出典:Wikipedia)

Sponichi anexの記事です。

 ロイヤルズは13日、タリク・エルアーバー外野手(25)とのマイナー契約に合意した。チームの公式サイトによると、エルアーバーは自閉症を抱えた初のプロ野球選手とされている。

外野手は内野手よりも守備の連係が難しくないので向いているかもしれませんね。独立リーグではMVPを取っているようなので話題性で獲得しているわけではなさそうです。

自閉症スペクトラム障害と診断されていても、コミュニケーションが取れない程の重度ではないのだと思います。以前に、MLBではジム・アボットという隻腕の投手が100近くの勝利数を上げました。下の動画はノーヒットノーランを達成した時の動画です。

過去にはルーブ・ワッデルという投手がいましたが、この人も発達障害だったのではないかと言われています。Wikipediaが面白いので見てください。

Share Button

コメント