(出典:PhotoAC

ValuePress!の記事です。ABAとTEACCHを使用した方法と説明されていますが、ABAは何の方法を使用するのでしょうか。

やはり日本では医師主導になっていくのでしょうね。ABAの分派である認知行動療法の観察も医師に限って保険適用がされている状態です。

では、心理職主導で行っていけるかというとそれも不可能に近いでしょう。なぜなら臨床心理士カリキュラムは自由度が高すぎるゆえに、ほとんどの大学院がABAではなく、精神分析やカウンセリングのみを教えています。スキルにばらつきがありすぎるのです。公認心理師も、院卒ではなく、学部卒の資格ですから同じように専門的な心理士を育成するのは難しいと思います。

Share Button