(出典:GATAG

朝日新聞の記事です。

 障害のある子どもを預かる「放課後等デイサービス」が急増している。開設の条件が緩いこともあって新規参入が相次ぎ、5年間で4倍以上になった。その半面、質の低下への懸念が強まっており、厚生労働省が対策に乗り出した。

千葉県船橋市にある発達障害児向けの放課後デイ「STEP(ステップ)」は2016年10月に開設された。ビルの2階、約70平方メートルの部屋に特別支援学校の子どもらが通う。

月に1度の調理実習日。子どもたちはエプロンをつけ、フルーツサンドづくりに挑戦した。ジャムをうまく塗れなかったり作業が遅れたりしても、職員は「おいしそう。上手だね」と励ましながら見守る。

2時間ほど過ごし、午後5時半に送迎車でそれぞれの自宅に帰る。施設管理者の石毛利枝さん(52)は「自分に自信が持てず息苦しくなりがちな子どもたちが、達成感や自己肯定感を得られるように支援する場所」と説明する。

障害のある子どもは一般の学童保育では対応が難しいため、放課後デイは共働き世帯のニーズが高い。2人の子どもを預けるパート女性(41)は「以前は働くことをあきらめていたこともあった。預かってもらっている間に働けるようになって助かる」と話す。

放課後デイが児童福祉法で制度化された2012年度初めは2540事業所だったが、昨年4月時点には1万613事業所になり、約16万人が利用する。

だが、放課後デイの事業者でつくる「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会」には苦情も集まっている。本来は生活能力を高める訓練をする場所のはずなのに、「アンパンマンなどのアニメ番組を見せているだけ」「送迎で2~3時間を費やし、放課後デイにいる間はおやつを食べさせるだけ」といった内容だ。

複数の事業所を利用してきた小学6年の女児の母親(50)は「職員が少なく、子どもが放置されているように感じた施設もあった。娘も行くのを嫌がっていた」と明かす。小学4年の男児を通わせている母親(49)は、アニメを見せるだけだった日もあるとして、「テレビ依存にならないか心配だった」と漏らした。

放課後デイサービスは現在、”儲かる事業”として宣伝され、一般企業の参入も多いです。例えば、アート引越センター等です。放課後デイサービスは学童保育での預かりが難しい子供を預かるという役割が大きく、内容は玉石混交のイメージがあります。

記事で紹介されている「自分に自信が持てず息苦しくなりがちな子どもたちが、達成感や自己肯定感を得られるように支援する場所」という考え方に私は疑問を持ちます。意味が曖昧だということもありますが、放課後デイサービスが甘やかす場所になっている可能性があるからです。

「よそで頑張っているから無理をさせないでおこう」というのは一見、常識的な考え方に思えますが「正しくは暴れても対応方法がわからないので放置している」であったり「短時間の預かりであるから甘やかしておいても問題が大きくならない」といったりすることが実際であると感じます。

放課後デイサービスで学校の宿題を行う、学校の宿題がそもそもない子供に対しては基本的な生活習慣(手洗い、着替え、排泄等)を身に付ける場であることが理想だと思いますが、指導者にそれができる人が確保できるかは疑問です。

蛇足ですが、記事で述べられているように「子供が嫌がっているから問題のある施設」というとらえ方は必ずしも正しくはないと思います。子供が楽しんでいける場所は子供に何の負担もなく、わがままが許される場所になっている可能性があるからです。子供が嫌がっていても子供が必要なスキルが身につく場所であれば、通う価値があると思います。

Share Button