自閉症の自己刺激を減らす方法⑤(課題数を多くしていく)

自閉症スペクトラム障害の自己刺激を減らす方法では、課題数を段々と多くしていきます。

課題数を多くしていくとメリットがあります。

自閉症スペクトラム障害の自己刺激制止中の課題数を増やすメリット

自己刺激行動を我慢できる時間が増える、もしくは課題への集中力が増すということでいずれにしてもメリットがあります。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください