自発的挨拶を教える④(毎日実施する場面を作る)

gatag-00002363

(画像引用:GATAG

自発的挨拶は毎日実施する場面を作らなければ習慣化しません。毎日一回は実践する場面を設けることで望ましいです。

また、挨拶を自分からできたら子供のレベルに合わせてほめてあげることが必要です。例えば、年少児では高い高いをしてあげる、年齢が高い場合はハイタッチをするなどです。こうすることで挨拶することが習慣化され、社会的好子により自然強化されます。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください