自閉症児が将来働くために

(出典:GAHAG

 自閉症スペクトラム障害等の発達障害児が将来働くためにはどうすればよいのでしょうか?発達障害児が働ける仕事は大きく分けて次の2種類があります。

  • 簡単な仕事を一定時間継続し続ける(ライン作業等)
  • 複雑な仕事を自分のペースで行う(農業等)

 ここで重要なのは支援学校等で練習される「簡単な作業を自分のペースで行う」という仕事は基本的には存在しないことです。つまり、①簡単な行動を継続し続けるようにする(1時間~4時間)②複雑な技能を身に着けるということが就職のポイントとなります。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください