『報酬改定揺れる「放課後デイ」…多くの事業所減収、障害の度合いで差』(記事)

その他
自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育
自閉症スペクトラム障害児に対するABA療育

言葉の遅れ、癇癪行動にお困りならご連絡ください。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
提携教育機関
提携教育機関

(出典:PENTA

YOMIURI ONLINEの記事です。

 新たな仕組みでは、障害の重い子を多く預かる事業所を「区分1」、軽い子が多い事業所を「区分2」と分けて、報酬に差をつけた。基本報酬は「区分1」は3~5%減、「区分2」は10~12%の減となる。

 「ゆめの森」には比較的重い子が多く、花木さんは「区分1」になると予想した。しかし、市から届いた通知は報酬の低い「区分2」だった。花木さんは再判定を要請。市が改めて保護者に聞き取りを行い、「区分1」となった。それでも新たな報酬体系では今年度は約100万円の赤字になりそうだという。

 市町村からの聞き取りを受けて落ち込む保護者もいる。10歳の息子が「ゆめの森」に通う母親(39)は「親としては『できるようになったこと』を喜びたいのに、『できないこと』を伝えないといけないのがつらい」と話す。

企業の参入等も多かったので、このような報酬減は予想できました。ガイドヘルパーの報酬も同様の経緯で減らされた過去があります。
毎日新聞の少し前の記事にこんなことがかかれていました。

京都市は28日、障害のある小学生らが通う「放課後等デイサービス」の事業所「くるみの森山科3号店」(同市山科区)で今年4月ごろ、管理者的立場の40代の女性マネジャーが障害児1人の頭を平手打ちする虐待をしていたと発表した。同事業所を含む市内の4事業所で1040万円の不正請求もあったとして、運営会社「プレイズコンフォート」(福井市)を10月31日付で指定取り消し処分とした。刑事告発も検討する。

このようなことも起こっているので、精査は必要ですね。

ですが、障害の重い子供を預かるほど報酬が増えるという記事を読んだ時に「ブラックジャックによろしく」の話を思い出しました。

 

(出典:佐藤漫画製作所

このように、いかによりサービスをしたかではなく、何を具体的にしたかということで点数が決められてしまうことは必ずしも質の向上につながらないと思われます。

同様に、家庭内療育を身銭を切って頑張ったご家庭ほど、療育手帳の判定が軽くなって助成金が減らされてしまうこともやるせなさを感じることが多いです。

Share Button

コメント