環境調整

その他

わかりやすいカレンダー(小学生)

小学校の予定をカレンダーに掲示する方法で私のクライアントさんが上手な形で使用していました。 学校、休みといったスケジュールがケースに収められています。終了した日は好きなキャラクターのカードを差し込んでいきます。 とても楽...
環境調整

環境調整のコツ

環境調整は以前お伝えした通り、プロンプトとして扱うべきです。よって、最初から環境調整するのではなく、行動ができない時に環境調整を実施することが望ましいです。 例えば、宿題が一人では時間がかかってしまう場合、 × 一緒に親と実施す...
環境調整

環境調整の注意点

環境調整は殆どがプロンプトとして機能しています。 ですから、環境調整をした結果、望ましい行動が出現、望ましくない行動が消失してもそれは環境調整を止めれば元に戻ってしまう可能性が非常に高いです。 よって、環境調整をする上では以下の...
環境調整

環境調整⑤(指示の明確化)

指示をわかりやすいものにするのも環境調整の一つです。適切な行動が出やすくなり、不適切行動を予め防止することができます。 明確な指示の詳細はこちらを参照してください。
環境調整

環境調整④-1(ルールの明確化の例)

環境調整の4つ目、ルールの明確化ではどのようなことができるでしょうか。 例えば、食事場面で「行儀よく」食べるにはどうすればよいかを考えます。 食事中は離席せずに座って食べる 左手で器を持ち、右手で箸やスプーンを使って食べる...
環境調整

環境調整④(ルールの明確化)

環境調整の4つ目はルールを明確にすることです。 そうすれば子供は約束を守って適切な行動を守って行動できやすくなります。 約束表が使われることが多いですが、言葉で伝えてもよいです。以下のルールがあります。 望ましい行動や望まし...
環境調整

環境調整③(課題、方法の変更)

環境調整の3つ目は課題や方法を変更することにより、適切行動の増加、不適切行動の減少を目指す方法です。例としては以下の通りです。 興味が持てるように、足し算をスーパーでお菓子を買いながら教えた 解いていったら楽しみが増えるようなゲ...
環境調整

環境調整②ー①(スケジュールの明確化の注意点)

環境調整の一つであるスケジュールの明確化ではスケジュール表をフェイディングしていく必要があります。特に毎日決まったスケジュールを過ごす場合等の場合は固定する必要はありません。 よって、以下のように段々と簡素化、文章化していくことが望ま...
環境調整

環境調整②(スケジュールの明確化)

スケジュールを明確にすることも環境調整の一つです。スケジュールは図や絵を用いて説明されることが多いです。 注意点は以下の通りです。 子供が理解できるものにする 子供が理解できない形では全く意味がありません。視覚化した図等を用...
環境調整

環境調整①ー1(身の回りの環境を変える場合の注意点・抹殺法)

環境調整で身の回りの環境を変える場合、殆どは不適切行動を減少させることが目的になっていると説明しました。 身の回りの環境を変える結果、対象とする不適切行動が出現する可能性がゼロになる場合があります。この方法を抹殺法(まっさつほう)と呼...
環境調整

環境調整①(身の回りの環境を変える)

環境調整の方法1つ目は、身の回りの環境を変えることにより適切行動を引き出し、不適切行動の出現を防ぎます。 社会の中では以下の様な例があげられます。 電車のホームの柵(飛び降り自殺や誤って転落することを防ぐ) 家の鍵(他の人...
環境調整

環境調整について

環境とは身の回りの環境だけでなく、時間の使い方、ルール等も含まれます。環境を変更することで行動を変えようとする試みを環境調整と言います。環境はABC分析のA(きっかけ)にあたり、環境調整をすることで良い行動が起こりやすく悪い行動が起こりにく...